ミネラル酵素グリーンスムージーとグリーンスムージー

グリーンスムージーは飲みにくい!?

グリーンスムージー2

グリーンスムージーは、緑の葉野菜と果物、そして水だけで作るとてもシンプルな飲み物です。

 

フレッシュな素材、旬の素材を使って作るグリーンスムージーは、美肌やダイエットなどに最適な酵素やミネラル、食物繊維がとっても豊富!

 

緑の葉野菜、というのがポイントで、でんぷん質の野菜はここではNGなのです。

 

 

身近な野菜であるキャベツも、グリーンスムージーでは葉野菜には含まれないので注意して下さいね。

 

グリーンスムージーに入れる緑の葉野菜は、例えばほうれん草やチンゲンサイ、レタスや小松菜などが挙げられます。

 

 

その時、旬の野菜であればなおオッケーで、旬の野菜の方がお値段も安いですよね。

 

旬の野菜は、お値段が安いだけでなく、栄養についても旬を外したものよりも優っています。

 

各季節ごとに、飲みやすいグリーンスムージーのレシピを押さえておくといいですね。

 

 

野菜が苦手な方は特に飲みにくそう、、と思われるかも知れませんが、グリーンスムージーには
他にもバナナやいちご、レモンなどの好みの果物を一緒に入れて作るので、思っている以上にとても美味しいんですよ。

 

はじめのうちは無理して、緑の葉野菜を多く入れ過ぎないことがポイントで、慣れてきたら次第に葉野菜の量を多くしてみて下さいね。


グリーンスムージーのダイエットレシピ

見た目はまるで青汁みたいな色でとても飲みにくそうに見えるグリーンスムージーですが、これが意外と美味しくて、栄養価もバッチリです。

 

緑の葉野菜と果物、そして水だけで作られるグリーンスムージーは、とても考えられた飲み物です。

 

ミキサーで撹拌することで、野菜と果物が体への消化、吸収がアップします。

 

ヨーグルトや牛乳さえも入れないこと、グリーンスムージーを飲む前と後の40分くらいは、一切食事をしないこともポイントです。

 

グリーンスムージーで用意するのは、とてもシンプルな材料だけで、逆に種類をたくさん入れることは消化器官に負担をかけることになるのでNGなのです。

 

グリーンスムージーのレシピは至って簡単!

 

ベーシックなレシピは、ホウレン草半束、オレンジ2個、バナナ1本、キウイ1個と水1カップをミキサーにかけるだけです。

 

はじめのうちは、果物の量を少しだけ多めにすると美味しく飲めますよ。

 

グリーンスムージーを朝食代わりに飲むだけでダイエットにも優れた効果を発揮してくれますよ。

 

 

ミネラル酵素グリーンスムージーの詳細はコチラで確認